ガチん娘と生でセックス

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「まぁいいや。この過剰な利益追求社会がまさに男性軸で構成された枠組みなんだよ。こういう社会を否定はしないよ。だって必要があってつくられてきたし、何もこれが最終形の社会じゃないと思えば、プロセスなんだなってことさ」

「で、どうセックスとつながるの?」

「ごめんごめん(笑)男たちはとにかく結果を出さなきゃいけなかった。それが確かに戦後の高度経済成長を支えたのも事実。そして男社会の枠組みがどんどん強化されていったんだと思う。いい大学に入っていい会社に入って出世競争をするというレールがドカンと敷かれたってワケさ。会社での立ち位置は本来家庭内では関係のないことだけど、収入という強力な色眼鏡が大きな影響力を家庭にも与えたんだ。

すると男たちは会社での自分がほぼ全てであり、その鎧なり背負ってる看板を脱ぐことができなくなった。自分が一人の人間として何者かどうかをどこかに追いやったってわけさ。仕事が生き甲斐っていうのも悪くはないけど、俺たち日本時はどこかでボタンを掛け違えてしまったような気がするんだ。

そんな彼らがどんなセックスをするだろうか。当初は愛情表現だったかもしれない。でも時がすぎるといつしか惰性になる。性欲があるうちはまだ射精目的も手伝ってセックスはするだろうけど、そもそもの目的が射精にあるならば奥さんの足指を舐めるとか、そんなめんどうなことはしなくなるだろ。

要するに自分が出したいと時に自分勝手にするワケさ。せいぜい昔見たアダルトビデオの真似ごとをして男をあげたいって思うぐらいかな。ところが奥さんはアダルトビデオの女優さんみたいな反応をしない。自分を責めずに奥さんに不満を抱く。

乱暴な図式だけど、こんな感じかな」

「そういうのもあって不倫に走るってわけね」

「うん。旦那も奥さんも、ね。仮にセックスレスじゃなかったとしてもマンネリって言葉で片づける。単なる刺激や快感だけのセックスならば当然マンネリにも陥るよね。人間って刺激には慣れる生き物だから」

「じゃわたしたちは大丈夫だね。確かにあのオーガズムの感覚は麻薬のようなものだけど、オーガズムが深くなればなるほどセックスに対する枯渇感はなくなってくるもの。それにわたしが欲情してくるとガチん娘がいつの間にか目をギラギラさせてるし(笑)」

「あのね、同じ言葉そのまま返すよ(笑)それにすーちゃん、最初の頃ってば俺の白髪が増えるんじゃないか!ってぐらい求めてきてたし」

「はいはい。ガチん娘がわたしのスイッチを押すからでしょ」

「じゃレスポンス良すぎだよ(笑)」

「否定しません。ガチん娘はいろんな初めてをわたしに体験させたからね。でも一番はね、エッチの時にわたしの目を真正面から見てくれた初めての男だってことかな」

「今までの男たちは見てくれなかった?」

「目をつむっているとか、カラダの部分は見てるけど、みたいな。せいぜい顔は見てくれてるのはわかるんだけど、瞳を見つめてくれた男はいなかったかな。しかもあんたは最中にああだこうだと誉めたかと思えば耳元でいやらしい言葉をささやいたり、とにかくわたしが妄想なんかする暇のないくらいしゃべるのよ。しかもいっやらしい目で見つめてくるじゃない」

「う~ん、普通かと・・・」

「いやいや、少なくとも多数派ではないな。しかも常に手はわたしのどっかを撫でているか爪を立てるか揉んでるかしてるでしょ。イヤでも思うのよ。あ、わたしは今この男とセックスをして感じているんだ。しかもこの男はわたしを大好きなんだってめっちゃ伝わるんだな、これが」

「う~ん、素晴らしい(笑)」

「まったく(`_´)、でもまぁ、そこで大きな疑問がわいちゃうわけよ。聞きにくいんだけどさ、今まで抱いた女たちとも目合いしてたの?」

「それがさぁ、逆にすーちゃんに聞きたいんだ。目合いが普通だと思ったのは同棲してた彼女がそうだったから。ところがその後の女の子たちは目を合わせない子がほとんどだったんだよ」

「いったい何人を抱いてきたんだか」

「それは・・・その、後日の尋問ってことでよろしいでしょうか」

「しょうがないなぁ(笑)で、逆に聞きたいことって?」

「目を合わせない女の子たちは何故合わせられない?」

「細かくはそれぞれ理由はあるだろうし根本的な原因もそれぞれだと思うけど、その子たちが言ってた共通すろ言葉があったでしょ」

「えっと・・・うん。『恥ずかしい』かな」

「ガチん娘にしたらなんで恥ずかしいのかわかんないでしょ。カラダは開いているしあそこは舐められてるのに、目を合わせるのは恥ずかしい」

「うん、全く世にも奇妙な物語だよ」

「そもそもその子たちはあんたとセックスしてないんだもん」

エッチな4610と生中出しセックス

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「してたけど、してないってこと?」

「たぶん彼女たちは妄想の中で創り上げた男だったり前彼だったりとしてるんだと思う」

「それは・・・相当ショッキングなことだけど、仮にそれが本当だとしたら、俺はただの代打ちじゃん」

「でもね、彼女たちはそんな意識すらないんだと思うよ。同じ女だから想像できちゃうし、わたしもそんな時期があったもの。それと、相手にもよるかな(笑)この男とだけは目を合わせたくない、とか」

「エッチな4610もいろいろしてきてるんだな」

「あ。。。いや、その、そりゃ大人ですもの」

「いいよいいよ、大丈夫(笑)じゃとりあえず好きな相手なんだけど目を合わせられないっていうのはどういうこと?それから、彼女たちは無意識のうちに前彼とのセックスを想像してるってこと?」

「その二つの質問に対する答えは同じよ。目の前の相手と向き合えていないんだと思う」

「向き合う?」

「ひどい子になるとそういう行為をしている自分に酔ってるっていうか、興奮だけしてるってパターンね。自己完結してるから相手と向き合って相手を知ろうとするベクトルがほぼ無いに等しい。誰でもいいってワケじゃないけど、居心地がよくて自分に興味を示してくれるならオッケーってわけ」

「つまり相手と向き合うっていうのは相手のことを知ろうとしたり、逆に自分のこともさらけ出せるってことだよね」

「そうそう、そこが大事なの。相手と向き合えない子は絶対に自分をさらけ出せないと思うわよ」

「ヨヨチューがよく言ってる『自分を明け渡す』ってことだね。つまり相手を知ろうとする気持ちと自分をさらけ出すっていうのはワンセットだ」

「ざっくり言うとそんな感じね。相手にこんな自分をさらけ出したらどう思われるだろうかって、不安がいっぱいなんじゃないかなぁ」

「でもそれって相手に失礼だよね。好きなんだからネガティブな思いなんか抱くワケないじゃん」

「ところがそうでもないんじゃない。過去の男との体験が軽いトラウマになってる子もいると思うんだ」

「そりゃ男どもが悪い!」

「健一はセックスのことを普通に明るく会話してくれるでしょ。しかも自分のド変態ぶりもサラっと言うじゃん。わたしに軽くあしらわれても甘えたりして自己主張するからさあ。ついつい私も誰にも言ったことのないような妄想とか願望とか言っちゃうのよね」

素人の天然むすめとセックス

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「いや~、天然むすめのポテンシャルはまだまだだと思ってるよ。もっと引き出せると思うんだけど」

「わたしってばとんでもない淫乱娘ってわけね(笑)」

「天然むすめは俺に何を言われてもそういう受け答えするでしょ。そう言われるとポジティブに認めざるを得ないでしょ。マジでストレスフリーだよね」

「何言ってるんだか。こんなのだって健一の影響なのよ」

「そうなのか?」

「まあいいや(笑)健一ってさ、自分のこと好きでしょ」

「え?そんなの当たり前じゃん。自分のことを嫌いなヤツなんているのか?」

「まったく・・・お人好しもいいとこだよね。大半の日本人は自分のことを嫌いなんだよ」

「天然むすめは?」

「(笑)好きにきまってるでしょ」

「だよね。やっぱ自分を嫌いって想像できないんだけど」

「じゃ無理にでも想像してみて。そんな男とそんな女がセックスしたらどんな風になりそう?」

「相手の様子をうかがってばっかりで全然楽しめないね。今ここに居ないって感じがする。どう頑張ってもいいセックスにはなりそうもないな。目の前の相手と繋がっているとか一つなんだって感覚にもならないだろうね。なんたって自分が本当の自分とつながっていないんだから」

「だよね。自分の事が大好きだから相手も好きになれる。自分が自分のことを大好きだから、相手もその自分を大好きだと思って疑いもしない」

「俺じゃん」

「そうね(笑)だからどんな自分をさらけ出しても相手がそれをネガティブに受け止めるなんて考えもしないわよね」

「そうだね。でもなんで自分のことが嫌いなんだ?」

「その根っこは人それぞれだと思うけど、大まかには親子関係と学校と社会生活じゃないかな」

「じゃまるで俺が放し飼いの野生児みたいになってきたな。だってそしたら世の中でまともに生きてる人たちは自分を嫌いになる可能性ばっかりじゃん」

「でもそれは事実よ。もちろん全員がそうだとは言わないけど」

「じゃ、随分乱暴な言い方だけど、いいセックスをしている人は少数派ってことになっちゃうよ」

「だからセックスレスが話題になったり少子化なんかにも多少なりとも影響しているんじゃない?」

「そうかあ。今までの話を全部一直線に実腺で結びつけるのはどうかなと思うけど、少なからず影響を与えているのは間違いないけど・・・すごく意外だったのは、自分を好きかどうかっていうのがセックスにも影響を与えているってことかな」

「親は他んちと比べてあれこれ思う、言う。学校ではその子の特性は二の次で一斉に同じレールを走らせる。会社では仕事ができないとあれこれ言われる。行き着くとこは利益、お金でしょ。今でこそ社会は多様性を認め始めているけど、弱者を本当に守ろうとするマインドには欠けているじゃない」

「いや、なんとかしたいってマインドはあると思うよ」

「でも事実として弱っている人たちは立ち上がれている?」

「そ、そうだったな・・・」

「わたしね、女として思うことがあるの。なんて言っても結局は健一の影響が大きいんだけどさ。セックスの在り方が変わったら世の中が変わるのかもって思うんだ」

「そりゃまた大胆だな(笑)」

「世の中が変わればセックスの在り方が変わるっていう道筋もありそうだけどさ。もしかしたら同時に変わるしかないかもだし」

「じゃ、天然むすめ的にどんなふうに変わったらいいと思う?」

「それがね、あんまりうまく説明できないの(笑)」

「あはは、さすが女だな。まったく、感覚的なんだから。ここで男の俺の出番だな」

「ぅぅぅ・・・よろしく(T^T)」

「じゃ俺が素朴に思ったことを天然むすめに聞いていくからさ、話してみようか」