ムラムラってくる素人のセックス体験談その2

「よくもまあそんなに話せるね(笑)けっこう偏ってるような気もするけど、そういう考え方、わたしは好きだな」

「ムラムラってくる素人は好きなことも言うけど、結局は俺の味方になってくれるもんなあ。だから俺、巣のままでいられるんだよなあ」

「そうよねえ。それだって『なんでだろ?』って考えたら行き着く答えをムラムラってくる素人は無意識に感じてくれてるからなんだよね。だからわたしも嬉しいんだよ。それでね、ムラムラってくる素人。わたし、ムラムラってくる素人と付き合って気が付いたことがあるんだ」

「ん、俺が不良中年だってことか?」

「うん、それは最初から知ってた。そうじゃなくてね、ムラムラってくる素人ってそこそこ社会的立場があるのにそんなのみじんも表に出さないでしょ」

「う~ん、俺はただ自分のやりたいことを好き勝手やってきただけだからなぁ。だから周りに迷惑かけたことや失敗や人に言えないことだってたくさんあるよ。今も好きなことをやらせていただいているだけだから」

「ちっとも偉そうじゃないよね(笑)エッチの時だってただのスケベなオスだもんね」

「エッチの時って肩書き必要か?」

「いらない、いらない。でもさ、それをあからさまにちらつかせたり背中に背負ってエッチする男って少なくないような気がするよ」

「それは、ムラムラってくる素人の経験上?(笑)」

「うん・・・まぁね。否定はしないけど。少なくとも『男』を前面に出すっていうか、かっこつけようとしてるよね。女をイカせようとするの。でもね、それってダイレクトに伝わっちゃうからしらけちゃうんだよね。それ以下の男だとただ射精にまっしぐらでそれさえも考えないヤツね。女のカラダをオナニーの道具にしてるんだから。わたしの目なんか見やしない。目つむって自分の世界に浸っててさ、出す時の情けない顔ったらありゃしないんだから」

「ムラムラってくる素人・・・どんだけやったの?」

「まぁムラムラってくる素人にはかなわないよ」

「あの・・・その・・・そっか」

「いいの、いいの。だからね、ムラムラってくる素人と初めてエッチしたときは正直とまどったよ。何!この人!って(笑)」

「言ってたね。でもうろたえないで果敢に受け止めてくれた感が嬉しかったな。あ、俺、これでいいんだって」

「エッチの時にこんだけしゃべる人なんていなかったもの」

「言われたことある!『うるさいっ!』って(笑)」

「その女性もムラムラってくる素人のカラダを使ってオナニーしてたようなものね。自分の世界に浸っていたからだよ、きっと」

「目をみようとすると恥ずかしいとか言って目を閉じる子も多いかなあ」

「同じ見つめ合うでもムラムラってくる素人のはちょっと違うのよね~。なんて言うか、心の奥を覗かれてるような」

「え?だってそういうもんじゃないか?」

「わたしはすんなり覗かれたなあ。そん時思ったよ。あ、この人のこと、本当に大好き!って」

コメントを残す