1919gogoでカップルのフェラチオの盗撮動画

痛いというよりは、お尻の中にポッカリと空間ができたまま、みたいな感じでした。「じゃあ、シャワー浴びようか」PEEPINGEYESさんはアタシと一緒に浴室に入ってきました。アタシは「う・・うん・・」と未だにボーっとしてて、言われた通りにしてるだけでした。アタシがシャワーを浴びているとき、PEEPINGEYESさんがアタシを背中の側から抱きしめて、胸を揉んできました。「あん・・ダメだよ・・・」アタシはカラダを動かしてPEEPINGEYESさんから離れようとしました。『あ・』アタシは気付きました。背中に大きな棒が当たっている感じ。『・・うー、おっきくなってるよぉ』アタシはさっきのあのフェラとかアナルSEXの感覚を思い出してきました。「ん?いいじゃん・・・オレまた立ってきたしさ・・・今度は、マンコに入れてみたくね?オレのコレ?」PEEPINGEYESさんはグイグイとオチンチンをアタシに押しつけながら、アタシのカラダを回転させて正面で向かい合う形になりました。さっきまで背中に当たっていたオチンチンは、アタシの胸の前、顔のすぐ下に勃起していました。「ちょ・・・ダメだってば・・・Vプリカ、来るよ・・・今日、そういう話しじゃないじゃん・・・」アタシは抵抗しました。でも、アタシのお腹と胸にグイグイと当てられるオチンチンにドキドキしてきていました。「ほら、触ってみてよ」PEEPINGEYESさんはアタシの手を取って、オチンチンを握らせました。アタシはグイッと手を引っ張られて、思わず力が抜けてしまって、ついオチンチンを触ってしまいました。「ほら、握って」「え・・ちょ・あ・・」PEEPINGEYESさんが握らせたオチンチンは、さっきと同じくらい固くなってました。「両手で・・ね?いいじゃん?手で扱くだけならさ、ね?」「んー・・」あまりにしつこいので、アタシは仕方なく手で扱いてあげました。「手だけだから・・」「お、サンキュー!どう?固くなってるだろ?」「ん・・そうだね・・・」「先の方、触ってくれよ」「ん・・」亀頭の先端からは透明の汁が流れてきていました。「んーー」アタシは段々エッチになっていました。『これがさっきまでお尻に入ってたんだぁ・・・』と思うと、感覚が思い出されてきました。「1919gogoさん、口でもちょっと・・いいだろ?」「・・口?・・・ダメだよ・・・Vプリカが入ってくるよ・・・」でも、アタシはもうこのオチンチンをもう一度咥えたい気分でした。「そんなこと言うなよ。まだ大丈夫だって。な、ほら・・」「え・・ん・・あ・・」PEEPINGEYESさんはアタシの頭を上から押さえつけてアタシを跪かせました。「あん・・・」顔の前には勃起したおっきいオチンチンがありました。「ほら、さっきみたいにさ・・口、開いて・・」「ん・・んーー・・・」アタシは両手で竿を支えながら口を開いてパクっと亀頭を咥えました。

PEEPINGEYESにVプリカで入会して盗撮無修正動画を視聴

PEEPINGEYESさんと名乗った人とのアナルSEXは強烈でした。PEEPINGEYESさんのオチンチンはもの凄く大きかったからです。アタシの両手で握っても亀頭まで握ることが出来ない長さで、握っても指先がつかないくらい太くて、亀頭も丸くて大っきいものでした。口に咥えるのも精一杯で、咥えたら口のなかがいっぱいですごく息苦しくて、舌を動かすのも苦しいくらいでした。別に大きいから気持ちいいとかはないのですが、とにかく圧倒されるくらいの大きさで、とてもお尻に入るようには思いませんでした。Vプリカもそう思ったらしくて、入念にアタシのお尻の穴をマッサージしてくれました。いざ挿入というときには、もの凄くドキドキしました。亀頭がグイっと押しつけられたとき『あ、無理』と思ったのですが、そのまま呼吸を整えてみたら、ヌルっという感じで亀頭の先端がお尻を拡げて入ってきたのが分かりました。ただ、お尻の入り口は、引きちぎれそうなくらい伸びているのが分かって、痛いというよりも『切れちゃう』と思って怖かったのを覚えています。そのままズルズル・・とアタシのお腹の中がいっぱいになるくらいPEEPINGEYESさんのオチンチンは入ってきました。お腹の真ん中に棒が入ってきたみたいで、違和感と少しだけ気持ち悪い感じがありましたが、奥までは入れなかったおかげで、徐々にその感覚にも慣れてくると、今度は引き抜くときの引っかかり具合が気持ち良く感じられてきました。いつもよりも引っかかりが太くて、本当に声が一瞬漏れてしまう感じでした。それを繰り返されると、アタシはお尻が引きちぎれそうな怖さとお腹を内側から圧迫される感覚に麻痺してきて、何度もオシッコを漏らしていました。Vプリカのオチンチンをしゃぶらせもらいながらいる安心と、お尻であんなに感じるとは思ってなかったので、アタシはただお尻の快楽に身を委ねました。PEEPINGEYESさんがゴム出ししたあと、Vプリカの中出しをもらったのですが、そのときはもう頭の中がグラグラで、オマンコに入っているVプリカのオチンチンよりも、お尻に入れられていた感覚のほうが強く残っていました。アタシはもう何も出来ずに、ただ入れられているだけの人形でした。Vプリカが射精したあと、一緒にシャワーを浴びるんだと思っていたところにVプリカのスマホに着信があり、アタシはVプリカを待っているつもりでしたが、PEEPINGEYESさんに手をひかれてシャワーに連れて行かれました。アタシはまだぼーっとしていたし、お尻にはPEEPINGEYESさんのオチンチンが入っていた感覚がはっきりと残っていました。

1919gogoでOLに膣内射精中出しの無修正動画

私はバックからアナルに巨大なチンチンを入れられている彼女を見ながら、彼女にフェラをさせ続けた。彼女の口からはヨダレが溢れて口元をベトベトにし、それでも「あうう・・はう・・ひぅ・・」とか「はぁ、はぁあぁあ・・・すごいぃ・・あんっう・・太いよぉ・・・あうぅ・・奥・・奥が・・あうぅぅ・・・ひぅうっ!」とカラダをガクガクさせながら感じていた。「おお・いい・・1919gogoさんのアナル、最高っ!!!」PEEPINGEYESはそのままゴム出しした。その後、私は彼女を仰向けにして、マンコに中出しをした。彼女はPEEPINGEYESが射精したゴムを口に咥えさせられながら、私の膣内射精を受けた。彼女は口に挟んだザーメン入りのゴムを落とさないようにしながら喘ぎ声を絞りだした。このときには、もう彼女のマンコは失禁が止まらないくらいに噴き出しまくっていた。PEEPINGEYESとのアナルSEXは、彼女の理性を吹き飛ばし、マンコを激しく敏感にしていたのだろう。「あうあう・・・あ・・あ・・だ・・め・・あ・・あ・・・・あ・・」ガクガクと全身を痙攣させ、ときどき白目を剥くように首を反らせて感じていた。口からゴムが落ち、ゴムの中のザーメンが彼女の頬から首、胸にかけて垂れた。彼女はそんなことお構い無しにナマ入れに感じていた。私がマンコに入れている間は、PEEPINGEYESが彼女の顔にチンチンを擦り付け、口に押し込んでいた。「1919gogoさん、ほら、ちゃんとしゃぶってよ」「はぁ、はぁ・・うん・・はぁ・はぁ・・おっきい・・さっき出たのに・・も、もう・・んぅぅーーー!!!!」彼女はただ命令されるがままに使われていた。

私の射精後、彼女はベッドに仰向けのまま倒れていた。私は彼女を起こして「シャワー浴びよう」と言った。彼女は「・・う・・ん・・」とグッタリしていたカラダを引き起こすようにこちらを向いた。私が彼女の手をとったときに、ヴーン・・ヴーン・・・と誰かのスマホが鳴った。私のスマホだった。「ちょっと待って」と私は彼女に言い、スマホを見た。着信は会社からだった。土曜日の夕方だったのに、会社からの着信とは、緊急のことかもしれないと私は着信に出た。「はい・・○○です・・・え?・・・マジで・・ですか?・・えぇ・・はい・・いや、それは違う・・・違います・・え?・・はい、・・そうです・・そっちです」少し長引きそうな内容だった。私がベッドに寝かせている彼女を見た。すると、PEEPINGEYESがこっちを見て「先にシャワー浴びてきます」と小さい声で言い、ベッドから彼女の手を引いて彼女を起こした。「シャワー、先に行こう」「・・う・・ん・・」彼女はPEEPINGEYESに手を引かれてシャワーに入っていった。私は彼女とPEEPINGEYESの後ろ姿を見送った。

綺麗な若奥さまで20代若妻に巨根挿入中出しの無修正動画

「オレのチンポが忘れられないマンコを持った女、尚美(笑)」別にオチンチンの大きさで好きになったりしませんし、普通だったらこんなことを平気で言うバカ男なんか、綺麗な若奥さまは嫌いです。でも、・・綺麗な若奥さまはその通りなのかもしれません。この巨大なオチンチンにもっとオマンコを使われたかったかも知れません。人妻熟女の精子の入ったままのオマンコに、巨大な他人のオチンチンを入れさせて、綺麗な若奥さまは感じまくり、膣内への射精しも許した女が綺麗な若奥さまなんです。綺麗な若奥さまは人妻熟女に対して、また秘密を抱えてしまいました。以前と同じ過ちを犯しました。

エッチな0930さんからメールがあったのは、あの日から数日後のことでした。「ヤラレに来いよ」ということでした。エッチな0930さんの第一印象は普通の人でしたが、人妻熟女に内緒でナマSEXした時から、だんだんと乱暴な言葉使いになってきていました。そして、このメールが「ヤラレに来いよ」です。SEXの最中にも力一杯胸を揉んできたし、ガツガツとピストンしてたので、きっと本性はそういう人だったんだと思いました。メールには「オレのチンポで、マンコをグチャグチャにされたいだろ?頭では忘れてたくても、カラダは覚えてるはずだ」と書いてありました。その通りでした。でも、この時の綺麗な若奥さまはなかなか時間が取れなくて、つまり、人妻熟女に内緒の時間を作れなかったので断りました。それでもエッチな0930さんは何度もしつこく誘ってきました。その翌週、人妻熟女が久しぶりに出張になりました。今度は週末を挟んで、木、金、土、帰ってくるのは日曜日の夜の予定でした。綺麗な若奥さまはスマホにたまったエッチな0930さんからのメールを読み返しました。「はやくヤラセてくれよ」「もう一度、オレのチンポしゃぶりたいだろ?」「オレのザーメン、マンコにぶちまけてやるぜ」「あのエロい尚美、もう一度見せてくれよ」「忘れてないだろ?」しばらく考えて、綺麗な若奥さまはエッチな0930さんにメールしました。「今度の週末なら大丈夫です」エッチな0930さんから即レスでした。「ヤラレタイか?」綺麗な若奥さまもすぐに返信しました。「はい」本心でした。もう一度、あのオチンチンを試してみたくなっていました。あの夜以来、あの大きいオチンチンが入っている感覚を時々思い出していたからです。人妻熟女のをフェラしているときも、ナマでSEXしてもらってるときも、ふとした瞬間に大きさを比べていました。人妻熟女のオチンチンも小さい方ではないと思うし、中に入れたときの感覚はとても気持ちいいものでしたから不満とかは無いのですが、エッチな0930さんのオチンチンは全くの別物で、あの挿入感は入れた人じゃないと分からないと思うくらいの感覚でした。「はい。もう一度、綺麗な若奥さまの中をそのオチンチンでかき混ぜてください。」綺麗な若奥さまは、土曜日の午後、エッチな0930さんに指定された場所に行きました。

エッチな0930で淫乱人妻熟女にザーメン中出し無修正動画

『人妻熟女専用の綺麗な若奥さまの中なのに・・初対面の人に中出しさせちゃった・・・』綺麗な若奥さまは人妻熟女から顔を背けると怪しまれると思い、出来るだけいつも通りにしようと思いました。「・・じゃあ、はい・・それでよろしく。」人妻熟女が電話を切ると、「オレもシャワー浴びて来る」と一人でシャワーに向かってきました。部屋から人妻熟女がいなくなって、綺麗な若奥さまは緊張がとけたみたいにホッとしてソファーに座りました。すると、エッチな0930さんが隣りに座りました。「な、尚美?」いつの間にか呼び捨てされてました。「・・・」「良かったろ?オレのチンポ?」「・・・」普通なら『バカだ、この人』と思うのですが、この夜はそのオチンチンに経験したことのない快楽を味合わされていたので、何も言えませんでした。「ほら、コレだよ」「・・ん」エッチな0930さんはソファーの上に立ってガウンの前を開いて、綺麗な若奥さまの顔の前に半立ちのオチンチンを見せつけてきました。「これだよ、さっき尚美のマンコの中で暴れてたチンポは」「・・やめて・・人妻熟女が戻ってくるよ」そう言うのが精一杯でした。頭の中は『このオチンチン・・・すごかった・・・綺麗な若奥さまの中を埋めたんだ・・・』と思っていました。「戻ってくる前にさ、口開けよ。しゃぶらせてやるぜ」エッチな0930さんは綺麗な若奥さま顎を優しく持ち上げて言いました。「・・・ん・・・」綺麗な若奥さまは大人しく口を開きました。そして、言われるがままに口の中に含みました。口の中でムクムクしてくるオチンチン・・・綺麗な若奥さまは目をつぶっていました。「どうだ?美味いか?このチンポ、サイコーだろ?」「・・・」綺麗な若奥さまは口の中で大きく、固くなってくるオチンチンにウットリしそうになりました。「んは・・・だめ・・やめて・・・もう止めようよ・・」綺麗な若奥さまは口からオチンチンを吐き出して、そう言いました。「これ以上やると、ハマりそうだろ?」エッチな0930さんは言いました。「尚美の中には、オレのザーメンが入ってるんだぜ。彼氏のザーメンを上書きしたのがオレのザーメン・・それが尚美のマンコの中にまだ入ってるんだ・・・忘れられないチンポだろ、これ?」「・・もういいじゃん・・ね・・やめて・・・」エッチな0930さんはソファーから降りて、自分のスマホと綺麗な若奥さまのバッグを持ってきました。「スマホ出せよ。アドレス番号教えろよ」「・・イヤです・・」「イヤ?何で?」「・・・何でも・・」「イヤじゃないだろ?いつでもオレのこのチンポでマンコかき混ぜてやるんだよ。教えろ。な?」「・・・」「オレのザーメン、マンコに欲しいんだろ?」「・・そんなことない」綺麗な若奥さまは必死に拒否しました。「・・教えろって。いま、ここで彼氏に中出ししたこと告白してもいいんだぜ?あんな彼氏よりもオレの方が強いぜ?あいつをボコボコにして、お前を犯してもいいんだぜ?今日?」「・・・口だけでしょ?」「ふふ、試すか?尚美のマンコに入ってるザーメンが誰のものか暴露して、切れた彼氏をオレがボコボコにするところを見たいんだ?な?」「・・・・」綺麗な若奥さまはメルアドを教えました。

綺麗な若奥さまで三十路若妻のに生中出しセックス無修正動画

浴室のガラスの向こうでは、彼女がエッチな0930に駅弁されているのが分かった。私は会社からの着信を受け、電話を終えて浴室の前に立ったとき、彼女がエッチな0930に抱かれている姿がうっすらとガラスに写っていた。ガラスは曇っていたので、はっきりとは見えなかったが、エッチな0930の大きなカラダが彼女を包むように抱きしめてた。そして、彼女は頭を押さえらながら跪いた。『フェラだ』とすぐに分かった。しばらく彼女はエッチな0930の前でしゃがんでおり、次に立ち上がったときは、壁のほうを向いて、エッチな0930にケツを突き出していた。「・・あ・・」シャワーの音の中に、確かに彼女の声を聞いた。『ナマでやってる』私には分かった。シャワー中にゴムを持っているわけはなかったし、エッチな0930は絶対にマンコにナマ入れしたいはずだ、と確信していたからだ。アナルだけで満足するような男でないのは、エッチな0930を見れば分かる。女性の経験も豊富で、自分のチンチンを自慢する男にしかみえない自尊心の塊のような男なのだから、自分の精子を女に注入したい趣向なのは、同じ男として分かった。だから、エッチな0930は私のいないところで彼女に入れて、そして出すつもりなのだ。ガラスの向こうのエッチな0930は彼女を駅弁の体制で持ち上げて、はげしく腰を振っていた。『彼女は抵抗していないのか?』と思ったし、『オレ以外の精子をマンコに入れること、というか,マンコへのナマ入れは許可してないのに、何で入れさせてるんだ?』とか、『あのデカイチンチンに惚れたのか?』とか、彼女への疑心がグルグル頭の中を回った。そして、エッチな0930が彼女を抱き上げたまま腰の動きを止めたことを見届けて、私は部屋の中に戻った。

綺麗な若奥さまは、エッチな0930さんが出て行ったシャワー室で一人カラダを洗いました。エッチな0930さんの匂いが残らないようにキレイに洗いました。『大丈夫・・○○くんには見られていない・・大丈夫・・・』綺麗な若奥さまはオマンコに残るエッチな0930さんのおっきいオチンチンの感覚を残したまま、部屋に戻りました。部屋にいた○○くんはまだ電話をしていました。エッチな0930さんは冷蔵庫から出した水を飲んでいて、○○くんは綺麗な若奥さまに気付くと小さく頷いて、まだ電話を続けていました。『はぁ、良かった・・・○○くん、ずっと電話してたんだ・・・見られてなかった・・良かったぁ・・・』綺麗な若奥さまが時計を見ると、綺麗な若奥さまとエッチな0930さんがシャワー室にいたのは15分くらいでした。綺麗な若奥さまはホッとしました。『オマンコへのナマ入れ禁止、中出し禁止』っていう○○くんとの約束を破ったのは綺麗な若奥さまでしたが、それがバレてないと分かって、すごくホッとしました。でも、心の中には後悔と申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

エッチな0930で人妻熟女のに生中出しセックス無修正動画

「子宮口まで押し込んでやるぜ!」エッチな0930さんがオチンチンを突き上げると、本当にオマンコの奥に突き刺さるような感覚がありました。『うぅ・・すごぃ・・このオチンチン・・すごぃ・』気持ちいいというよりも、おっきいオチンチンがオマンコを埋めてるって感覚がすごくエッチでした。「こっち向きな」綺麗な若奥さまはエッチな0930さんと向かい合う形にさせられて、左足を持ち上げられました。「正面から入れてやる」「んぅ!!はぅ・・すごぃ・・え・・」綺麗な若奥さまはエッチな0930さんの首に手を回してぶら下がるようにしました。エッチな0930さんは正面で抱き合いながら、オマンコにオチンチンを入れてきました。「こっちの足もあげろ」エッチな0930さんは綺麗な若奥さまの右足も持ち上げて、駅弁ファックの形に綺麗な若奥さまを抱き上げました。「あ!!!あん!・・あ!!!」激しいSEXでした。エッチな0930さんが綺麗な若奥さまのカラダを上下に揺する度にオマンコにオチンチンが突き刺さりました。感じたことのない刺激でした。「あ、あ・・すごい・・あ・・奥まで・・あ・・・いい・・ん・・すごい・・あ・・あん」出来るだけ声を堪えました。腕の力を抜くと、汗とシャワーでずり落ちそうでした。でも、オマンコのなかが一杯に埋められたまま膣内全体が擦られるような感覚に、綺麗な若奥さまはもの凄く興奮していました。「尚美、このまま出していいだろ?」「・・あんう・・あん・・」綺麗な若奥さまはあえて何も言いませんでした。『出してほしい・・なんて言えない・・・』カラダの中心に熱い肉棒が動いている感覚に溺れていました。「ザーメン、マンコの中に出すぞ」「・・あん・・あ!・・」綺麗な若奥さまは何も答えませんでした。頭の中では『ダメ』でしたが、カラダは『中に欲しい』と感じていたから、最後はエッチな0930さんの言われるままに・・と思いました。カラダの正面でエッチな0930さんの体温と汗を感じながら、オマンコからカラダの中心まで貫かれている熱いオチンチンに激しく感じまくりました。「はぁ、はぁ・・すげーいいぜ・・・ほら、尚美、言ってみろ・・中に出して、ってな・・」「・・・ん・・はう・・」「言えっ!!!」エッチな0930さんが一層激しく突き上げました。「あんっ!!出してっ!!!中に出して!!!!いい!!!いい!!!!」綺麗な若奥さまは言ってしまいました。言葉にした途端に、綺麗な若奥さまのオマンコがエッチな0930さんのオチンチンを締め付けた感じがしました。「ああ・・いい・・いいぃ・・んーー・・はぁあ・・すごいぃ・・」エッチな0930さんは綺麗な若奥さまの腰を鷲掴みにしてオチンチンをガツンガツンオマンコに突き刺してきて、綺麗な若奥さまはその衝撃と膣内の刺激で頭がグラグラしてきました。「よーし、マンコにぶちまけてやるぜ!!!彼氏のザーメンが入ってるマンコに、オレのザーメン注いでやる!!!」言われた通りでした。綺麗な若奥さまは○○くんの精子の入っているオマンコに、初対面の人の精子を注いでもらうのです。そのことにも興奮しました。そして、綺麗な若奥さまのオマンコがオチンチンのドクッドクッという一瞬の膨らみを感じたあと、ジワっと熱いものが拡がっていくのを感じました。

熟女倶楽部で人妻熟女と風呂場で生中出しセックス無修正動画その2

「・・みんな熟女倶楽部の裸で勃起してくれたし・・身体中に知らない人の手が這い回ってて、目の前にオチンチンあって・・口に入れて、知らない人のオチンチンを感じたかった・・横向いてもあったし、握るオチンチンがドクドクしてて・・あ・・フェラチオしたかった・・気持ち良くなってほしかったし、もっと気持ち良くなりたかった・・」あそこで知らないおじさんたちに輪姦されても、熟女倶楽部は気持ち良くなれたと思います。自分からオチンチンを求めていくと思ったし、もしかしたら中出しまで欲しくなってたかも知れません。「それが尚美なんだよ」「・・・」「よくわかったろ?お前は普通の人間の常識とは違う性癖を持ってるんだよ、他人とは違う性癖に対する常識。自覚しろ。」「・・・うん」自覚するしかありませんでした。ヤマザキさんの言う通りでした。熟女倶楽部はスケベで露出趣味でオチンチンが好きで、セックスが好きな女なんです。アブノーマルなことで感じる女なんです。「・・・そうです・・その通りです・・」「はっきり言えよ」「熟女倶楽部は・・熟女倶楽部はスケベで変態なんです・・あんな中途半端なことされて・・オチンチン、咥えたかったです・・知らない人のオチンチン、入れたかったです・・」こう告白した時、熟女倶楽部の中で何かが吹っ切れました。「そうだ、そういうことだ。お前は中毒なんだよ、変態な行為に感じる中毒なんだよ。」「そ、そんなこと言われたら・・ん・・ああ・・オマンコが・・オマンコが疼く・・」熟女倶楽部は自然にオマンコを自分の指で撫でていました。下着はしっとりと濡れていました。走る車の中で、熟女倶楽部はヤマザキさんの話を聞きながらオマンコを撫でていました。「もっと言えよ、自分のやりたいことを」「・・ん・・オチンチン、舐めたかった・・知らない人のオチンチン、味わいたかったです・・フェ、フェラチオ・・フェラ・・オチンチン、いっぱい硬くして・・ああ・・もっと身体中を触られて、見られて・・弄られながらオチンチン、熟女倶楽部の口で勃起させて・・あの亀頭を舐めたかった・・あのおじさんのオチンチンをしゃぶって・・熟女倶楽部のオマンコ、みんなが生で入れてきたオマンコに・・みんなが見ている前で生でオチンチンを入れてもらいたかったです・・見られながらの生ハメ・・ハメられながらのフェラチオ・・ん・・はぁあ・・」熟女倶楽部はヤマザキさんに本来の性欲を引き出されたんです。この人の前なら、本当の自分をさらけ出せる・・自分のやりたい変態行為をさらけ出せる・・って思いました。熟女倶楽部の指はオマンコ汁でぬるぬるになったパンツの脇から入って、直接オマンコを撫でました。「はぁ、はぁ・・ああ・・んう・・」「いいぞ、そのままイケ。車の中でオナニーしろ、イイぞ、もっと卑猥なことを言いながらマンコでイケ!」「はあ・・オチンチン、入れたかったん・・ここに・・ああ・・すごい、濡れてて・・んぅ・・はぁ・・・あ、気持ちいい・・いい・・オチンチン、欲しい・・オチンチン、しゃぶりながらオマンコに入れてたいぃ・・」熟女倶楽部はヤマザキさんの運転する車の助手席でオナニーしました。シートの上に足を乗せて、スカートをめくって、パンツの中で直接指を入れて、対向車や色が変わる信号や、道路沿いのコンビニに入る人たちを見ながら、走る車の中でオナニーして・・イキました。

熟女倶楽部で人妻熟女と風呂場で生中出しセックス無修正動画

この夜の大浴場での混浴と洗体の羞恥プレイは、ものすごく中途半端でした。熟女倶楽部は全裸で男の人しかいないお風呂に入っていき、知らない人たちに体を撫でられるように洗われ、熟女倶楽部もおじさんの勃起したオチンチンをこの手で洗って・・というか、弄って一層勃起させて、このまましてたらフェラとか、もしかしたら生ハメ、中出しまで許したかもしれない雰囲気の中で、プレイが終わってしまったからです。モヤモヤしたイヤラシイ気持ちと、もしかしたらセックスさせたという妄想が止まらないまま、熟女倶楽部は大浴場に取り残されたんです。おじさんたちは熟女倶楽部をチラ見しながら一人ずつ浴室を出て行きました。最後にGさんとヤマザキさんも出て行きました。熟女倶楽部が一人で脱衣所に戻ると、そこにはもう誰もいませんでした。きっと、みんなお風呂で勃起しちゃったし、やらしいことをしたから恥ずかしくなって、さっさと部屋に戻ったんだと思いました。でも、熟女倶楽部もこんな気分は初めてでした。本当にモヤモヤして、気持ちのぶつけどころがなくて、このエッチで気持ち良くなりたい体の置きどころがありませんでした。脱衣所で服を着てホテルのロビーに出ると、そこにヤマザキさんとGさんとフロントの人が待っていました。「どうでした?良かったみたいですね~(笑)」フロントの人が熟女倶楽部に話かけてきました。「え・・あ・・はい・・」熟女倶楽部は何といっていいかわかりませんでした。「今度はさ、お兄さんも一緒に入ろうよ、な?」ヤマザキさんがフロントの人と話していました。「そうですね、Gさん、俺が休みの日にしてくださいよ(笑)」「あはは、そうだね、考えとくよ(笑)じゃあ、行きますか」熟女倶楽部たちはホテルを後にしました。「じゃあ、また連絡しますよ。面白いこと出来る場所、見つけときますから(笑)」駐車場で熟女倶楽部とヤマザキさんはGさんと別れました。熟女倶楽部はヤマザキさんの車で送ってもらうことになりました。「どうだった?」ヤマザキさんは車を走らせながら熟女倶楽部に聞いてきました。「・・ものすごく、嫌です・・」「ん?嫌?・・あはは、そうか(笑)。まぁ、中途半端だよな(笑)」「・・何で、何でですか」熟女倶楽部は機嫌が悪かったです。あんなことをされて、放置されたからです。「あれが普通の人間の常識なんだよ。」ヤマザキさんは冷静でした。「・・・常識って」「尚美は、自分のアブノーマルに気づいてるだろ・・だから、ああいう常識的な行動をとる男とは合わないんだよ。ああいう場所でチンポ勃起させながら女の体を洗うななんてアブノーマルなプレイを『やめる』ような常識的な男とは、な。」「・・・」「あの状況だろ?Gがきっかけを作れば、普通の男でも少しエロいやつは後に続くさ。でもな、きっかけを作ったGが引けば、常識を持ったやつは引くよ。そこがあいつらの限界だ。尚美は、そんな常識的な限界じゃ満足できない女なんだよ。」「・・・・」熟女倶楽部はヤマザキさんの話を聞いていました。「お前、あそこでもしGが『フェラしろ』って言ったら、しゃぶったろ?」「・・・」「『ハメさせろ』って言ったらやったろ?」「・・・だって、今までそうしてきたし・・」「じゃないだろ?そうしてきたんじゃない、お前がそうしたいんだよ、そうしたかったんだよ、今夜のお前はそれに自分で気づいたはずだろ?な?したかっろ?しゃぶりたかったろ?」「・・・」「正直に言ってみろ」「・・はい・・フェラしろって言われたらしました・・ううん、自分でしたかった・・いっぱいあそこでエッチになりたかった・・」熟女倶楽部は正直に答えました。

REAL DIVAで無修正のセックスでの射精動画その3

「いや、ここからが重要なんだ」

「前置きだったの?」

「はい。次は鷹さんの登場さ」

「潮噴きの鷹さん?」

「秋田の星なんだけな、やつ。地元でもっと有名になっていいのにさ。しかも俺と同学年なんだぞ」

「なんだかんだ言って彼もおっさんなのね」

「ちなみに潮噴きが彼の代名詞みたいになってるけど、それも上っ面だな。ヤツは代々木監督からいろんなことを教わってるはずだ」

「作品に出てるの?」

「密教昇天極意」

「なんか・・・昭和なタイトルだけど、おおげさね(笑)」

「まあ聞きなさい」

「はい(笑)」

「俺はその作品で男のオーガズムってものを初めて見たんだ」

「あら、前立腺刺激の作品?鷹さんがお尻いぢられちゃうの?」

「そう思うだろ。違うんだよ。あんなの演技だって言うヤツもいたけど、俺はそんなのどうでもいいって思ったよ。直感的に、こういう事ってあるんだって理解できたから」

「指一本触れずに射精しちゃうとか?」

「それも違う」

「射精しない男のオーガズム?」

「うん。感動して泣いちゃったよ。相手の女優が当時鷹さんがリアルに付き合っていた女性だったってのもあるけど、あ、セックスってそういうことなんだって初めてわかった作品だな」

「セックスって、どういうことなの?」

「いっつもしてるじゃん」

「あら・・・(*^▽^*)ェ」

「エンドレスラブは観たっけ?ブルック・シールズが暖炉の前でエッチするシーンも、そういうことだ。頭で理解しようとすると、ちと難しいかな。言葉で言っちゃうとなんか言い表せない感が残ってしまう」

「でも・・・つまりは?」

「好き!かな」

「だね。

でもREAL DIVAがいわゆるオーガズムまでイっちゃうって、時々しかないよね。まぁわたしが前立腺を可愛がってあげればすぐだけさ。REAL DIVAは満たされてるの?射精しない時も多いよね」

「年齢を考えろよな(笑)満たされてるよ、Vプリカ。Vプリカがあっちに行ってる時、そっと抱きしめたり顔を見つめているときってマジ幸せだよ。いっつも言ってるんだぞ、ありがとう、って」

「REAL DIVAがありがとう、なの?」

「うん、Vプリカになのか、何に対してなのかわかんないけど、感謝だなあ」

「なんか、REAL DIVAっていいなあ。言ってることって意味不明だけど、心に浸みるよ。もっと知りたいなあ。REAL DIVAがオーガズムまでイってる時ってどんな感じなの?」

「言葉で伝わるかなあ。あとでVプリカも教えてね」