エッチな0930で淫乱人妻熟女にザーメン中出し無修正動画

『人妻熟女専用の綺麗な若奥さまの中なのに・・初対面の人に中出しさせちゃった・・・』綺麗な若奥さまは人妻熟女から顔を背けると怪しまれると思い、出来るだけいつも通りにしようと思いました。「・・じゃあ、はい・・それでよろしく。」人妻熟女が電話を切ると、「オレもシャワー浴びて来る」と一人でシャワーに向かってきました。部屋から人妻熟女がいなくなって、綺麗な若奥さまは緊張がとけたみたいにホッとしてソファーに座りました。すると、エッチな0930さんが隣りに座りました。「な、尚美?」いつの間にか呼び捨てされてました。「・・・」「良かったろ?オレのチンポ?」「・・・」普通なら『バカだ、この人』と思うのですが、この夜はそのオチンチンに経験したことのない快楽を味合わされていたので、何も言えませんでした。「ほら、コレだよ」「・・ん」エッチな0930さんはソファーの上に立ってガウンの前を開いて、綺麗な若奥さまの顔の前に半立ちのオチンチンを見せつけてきました。「これだよ、さっき尚美のマンコの中で暴れてたチンポは」「・・やめて・・人妻熟女が戻ってくるよ」そう言うのが精一杯でした。頭の中は『このオチンチン・・・すごかった・・・綺麗な若奥さまの中を埋めたんだ・・・』と思っていました。「戻ってくる前にさ、口開けよ。しゃぶらせてやるぜ」エッチな0930さんは綺麗な若奥さま顎を優しく持ち上げて言いました。「・・・ん・・・」綺麗な若奥さまは大人しく口を開きました。そして、言われるがままに口の中に含みました。口の中でムクムクしてくるオチンチン・・・綺麗な若奥さまは目をつぶっていました。「どうだ?美味いか?このチンポ、サイコーだろ?」「・・・」綺麗な若奥さまは口の中で大きく、固くなってくるオチンチンにウットリしそうになりました。「んは・・・だめ・・やめて・・・もう止めようよ・・」綺麗な若奥さまは口からオチンチンを吐き出して、そう言いました。「これ以上やると、ハマりそうだろ?」エッチな0930さんは言いました。「尚美の中には、オレのザーメンが入ってるんだぜ。彼氏のザーメンを上書きしたのがオレのザーメン・・それが尚美のマンコの中にまだ入ってるんだ・・・忘れられないチンポだろ、これ?」「・・もういいじゃん・・ね・・やめて・・・」エッチな0930さんはソファーから降りて、自分のスマホと綺麗な若奥さまのバッグを持ってきました。「スマホ出せよ。アドレス番号教えろよ」「・・イヤです・・」「イヤ?何で?」「・・・何でも・・」「イヤじゃないだろ?いつでもオレのこのチンポでマンコかき混ぜてやるんだよ。教えろ。な?」「・・・」「オレのザーメン、マンコに欲しいんだろ?」「・・そんなことない」綺麗な若奥さまは必死に拒否しました。「・・教えろって。いま、ここで彼氏に中出ししたこと告白してもいいんだぜ?あんな彼氏よりもオレの方が強いぜ?あいつをボコボコにして、お前を犯してもいいんだぜ?今日?」「・・・口だけでしょ?」「ふふ、試すか?尚美のマンコに入ってるザーメンが誰のものか暴露して、切れた彼氏をオレがボコボコにするところを見たいんだ?な?」「・・・・」綺麗な若奥さまはメルアドを教えました。

コメントを残す