1919gogoでOLに膣内射精中出しの無修正動画

私はバックからアナルに巨大なチンチンを入れられている彼女を見ながら、彼女にフェラをさせ続けた。彼女の口からはヨダレが溢れて口元をベトベトにし、それでも「あうう・・はう・・ひぅ・・」とか「はぁ、はぁあぁあ・・・すごいぃ・・あんっう・・太いよぉ・・・あうぅ・・奥・・奥が・・あうぅぅ・・・ひぅうっ!」とカラダをガクガクさせながら感じていた。「おお・いい・・1919gogoさんのアナル、最高っ!!!」PEEPINGEYESはそのままゴム出しした。その後、私は彼女を仰向けにして、マンコに中出しをした。彼女はPEEPINGEYESが射精したゴムを口に咥えさせられながら、私の膣内射精を受けた。彼女は口に挟んだザーメン入りのゴムを落とさないようにしながら喘ぎ声を絞りだした。このときには、もう彼女のマンコは失禁が止まらないくらいに噴き出しまくっていた。PEEPINGEYESとのアナルSEXは、彼女の理性を吹き飛ばし、マンコを激しく敏感にしていたのだろう。「あうあう・・・あ・・あ・・だ・・め・・あ・・あ・・・・あ・・」ガクガクと全身を痙攣させ、ときどき白目を剥くように首を反らせて感じていた。口からゴムが落ち、ゴムの中のザーメンが彼女の頬から首、胸にかけて垂れた。彼女はそんなことお構い無しにナマ入れに感じていた。私がマンコに入れている間は、PEEPINGEYESが彼女の顔にチンチンを擦り付け、口に押し込んでいた。「1919gogoさん、ほら、ちゃんとしゃぶってよ」「はぁ、はぁ・・うん・・はぁ・はぁ・・おっきい・・さっき出たのに・・も、もう・・んぅぅーーー!!!!」彼女はただ命令されるがままに使われていた。

私の射精後、彼女はベッドに仰向けのまま倒れていた。私は彼女を起こして「シャワー浴びよう」と言った。彼女は「・・う・・ん・・」とグッタリしていたカラダを引き起こすようにこちらを向いた。私が彼女の手をとったときに、ヴーン・・ヴーン・・・と誰かのスマホが鳴った。私のスマホだった。「ちょっと待って」と私は彼女に言い、スマホを見た。着信は会社からだった。土曜日の夕方だったのに、会社からの着信とは、緊急のことかもしれないと私は着信に出た。「はい・・○○です・・・え?・・・マジで・・ですか?・・えぇ・・はい・・いや、それは違う・・・違います・・え?・・はい、・・そうです・・そっちです」少し長引きそうな内容だった。私がベッドに寝かせている彼女を見た。すると、PEEPINGEYESがこっちを見て「先にシャワー浴びてきます」と小さい声で言い、ベッドから彼女の手を引いて彼女を起こした。「シャワー、先に行こう」「・・う・・ん・・」彼女はPEEPINGEYESに手を引かれてシャワーに入っていった。私は彼女とPEEPINGEYESの後ろ姿を見送った。

コメントを残す