1919gogoでカップルのフェラチオの盗撮動画

痛いというよりは、お尻の中にポッカリと空間ができたまま、みたいな感じでした。「じゃあ、シャワー浴びようか」PEEPINGEYESさんはアタシと一緒に浴室に入ってきました。アタシは「う・・うん・・」と未だにボーっとしてて、言われた通りにしてるだけでした。アタシがシャワーを浴びているとき、PEEPINGEYESさんがアタシを背中の側から抱きしめて、胸を揉んできました。「あん・・ダメだよ・・・」アタシはカラダを動かしてPEEPINGEYESさんから離れようとしました。『あ・』アタシは気付きました。背中に大きな棒が当たっている感じ。『・・うー、おっきくなってるよぉ』アタシはさっきのあのフェラとかアナルSEXの感覚を思い出してきました。「ん?いいじゃん・・・オレまた立ってきたしさ・・・今度は、マンコに入れてみたくね?オレのコレ?」PEEPINGEYESさんはグイグイとオチンチンをアタシに押しつけながら、アタシのカラダを回転させて正面で向かい合う形になりました。さっきまで背中に当たっていたオチンチンは、アタシの胸の前、顔のすぐ下に勃起していました。「ちょ・・・ダメだってば・・・Vプリカ、来るよ・・・今日、そういう話しじゃないじゃん・・・」アタシは抵抗しました。でも、アタシのお腹と胸にグイグイと当てられるオチンチンにドキドキしてきていました。「ほら、触ってみてよ」PEEPINGEYESさんはアタシの手を取って、オチンチンを握らせました。アタシはグイッと手を引っ張られて、思わず力が抜けてしまって、ついオチンチンを触ってしまいました。「ほら、握って」「え・・ちょ・あ・・」PEEPINGEYESさんが握らせたオチンチンは、さっきと同じくらい固くなってました。「両手で・・ね?いいじゃん?手で扱くだけならさ、ね?」「んー・・」あまりにしつこいので、アタシは仕方なく手で扱いてあげました。「手だけだから・・」「お、サンキュー!どう?固くなってるだろ?」「ん・・そうだね・・・」「先の方、触ってくれよ」「ん・・」亀頭の先端からは透明の汁が流れてきていました。「んーー」アタシは段々エッチになっていました。『これがさっきまでお尻に入ってたんだぁ・・・』と思うと、感覚が思い出されてきました。「1919gogoさん、口でもちょっと・・いいだろ?」「・・口?・・・ダメだよ・・・Vプリカが入ってくるよ・・・」でも、アタシはもうこのオチンチンをもう一度咥えたい気分でした。「そんなこと言うなよ。まだ大丈夫だって。な、ほら・・」「え・・ん・・あ・・」PEEPINGEYESさんはアタシの頭を上から押さえつけてアタシを跪かせました。「あん・・・」顔の前には勃起したおっきいオチンチンがありました。「ほら、さっきみたいにさ・・口、開いて・・」「ん・・んーー・・・」アタシは両手で竿を支えながら口を開いてパクっと亀頭を咥えました。

コメントを残す