PEEPINGEYESで女子大生に生中出し盗撮無修正動画

口の中が一気に苦しくなりました。『ふあわぁぁ・・・やっぱりすごくおっきい・・・苦しくなるくらいおっきいオチンチンだぁ・・・』アタシはそう思いながら咥えてました。口の中が一杯で舌を動かすのも大変でしたから、ただカリの裏側に舌を擦り付けるだけでした。両手は竿を扱き、たまに袋のほうを揉みながら竿を根元をしごいてあげました。「1919gogoさんは、やっぱり上手だな。チンポ好きだろ?その舐めてる時の顔、サイコーにエロいぜ。首を捻りながら口の中に出し入れするテクニック、最高だな。さすがに場数を踏んだ女はいいね(笑)」PEEPINGEYESさんはそんなことを言っていましたが、アタシは気にしませんでした。とにかく口の中の勃起したオチンチンがドクンドクンしてて、ヨダレがダラダラ出てきちゃって、フェラチオするのに必死でした。そして、うっかり思ってしまいました。『はぁ、このオチンチンがアタシのオマンコに入ったら・・』アタシはPEEPINGEYESさんのオチンチンを扱きながら、竿の中程からカリの裏側にかけて舌を這わせました。「え・・」PEEPINGEYESさんはアタシを持ち上げるように、急にアタシを立たせました。「ほら、壁に手を付いて」「え・何?・・あ、・・ダメ・・」PEEPINGEYESさんはアタシに背中を向けさせて、上半身を前屈みにさせました。「え・・ダメだって!!入れようとしちゃダメ!・・・Vプリカに見られたら・・ちょ・・やめて!・・大きな声出すから!!」すると、PEEPINGEYESさんはシャワーを強くしてから、アタシの背中に覆い被さるようにして耳元で囁きました。「・・そんなこと言うなよ。本当は入れたいだろ?このデカイチンポ?1919gogoだって、マンコ濡らしてんじゃねーか。あ?・・ほら、ゆっくりと足を開いて・・・オレのこのチンポ、1919gogoのマンコにぶち込んで、マンコのなかを奥までかき混ぜてやるよ。いつもは届かない奥までオレのチンポなら届くぜ。抉るようにこの1919gogoのマンコを責めてやるぜ?」PEEPINGEYESさんがアタシのカラダをなで回しました。胸を揉まれ、乳首を抓られ、首筋にキスをされ、お尻を掴まれ、足を開かれました。アタシの股の間にあの太くて長くて熱い、さっきまでしゃぶっていたオチンチンが挟まってきました。「・・あ・・ちょ・・触ってる・・・あ・・ん・・んぅ・・あ・・だめ・・だめ・・あ・・あ、あ・・・あん!」PEEPINGEYESさんは亀頭をオマンコにグリグリ押しつけながら、ニュルッと一気に挿入してきました。「あん!!」アタシは思わず声が出ていました。オマンコが一気に拡げられて、中が膨らんだように大きなオチンチンが入ってきました。「んう!」オマンコの奥にめりこむような丸い感覚がありました。さっきまでのVプリカのオチンチンの感覚を打ち消すような大きなオチンチンがアタシの中にナマで突き刺さりました。「あああ・・あ・・あ・・」アタシは言葉が出ませんでした。

コメントを残す