1000人斬りでロリ美少女とセックス

「はじまった(笑)Vプリカは俺を焦らしてるようで自分のことも焦らしているよね」

「それはいいから(`_´)」

「Vプリカのオーガズムが俺なんかよりもずっと深いってことはわかった。でもいったいどんな世界なんだろう」

「1000人斬りってやっぱ変わってるよね。自分もそこまでイキたいとかあんまり主張しないじゃん。たぶんだけど、普通の男子だったらどうやったらそこまでイケるんだろうとか考えるんじゃない?」

「そう考えた時点でもはや少数派かもしれないよ。射精以外のオーガズムなんてありえないって思っているから。ドライオーガズムなんてことも言われているけど、結局は前立腺刺激がそこにあるワケでしょ。Vプリカなんて時と場合によっては言葉だけでイクじゃん」

「1000人斬りだって触られてもいないのに出しちゃったことあるじゃん(笑)。あの時はわたしにシンクロしちゃったって言ってたね。そのことをね、タカちゃんに言ったらオカルトだねって言われたんだよ。どんなテクニック使ったの?だって(笑)」

「崇子にはわかんないかもな。まだイったことがないんだろ。アラサー女子の受難だな。テクニックとか言ってる時点でオーガズムから離れていくんだけどね」

「タカちゃんには言ったんだよ。イキたいって思わない方がいいよって」

「彼女にしたらそうれさえも方法論なんだろ。女のオーガズムも男の射精も幸せな結果であって、それが目的になっちゃうとちょっと虚しいなあ」

「1000人斬りって出さないことも普通にあるもんね」

「だってVプリカがあっちの世界へイっちゃってるんだもの、無理だし」

「ぶっちゃけ、ワケわかんなくなってるんでしょ」

「まぁ、そういう言い方がわかりやすいか(笑)。でもそれを狂乱というなら俺は乱れてるワケじゃないんだなぁ」

「それはわたしも同じだな」

「そういうカラダへの強烈な刺激で得られる快感も全然ありだとは思うけど、要はそれだけだと、それだけで終わっちゃうんだよ」

「変な言い方(笑)。でも、わかる」

「あとは自己陶酔型とも違うってことだな」

「SMに固執してる人たちでしょ。わたし、こんな卑猥なことされてるんだ、してるんだ、って自己完結しちゃって相手がいるようでいないってヤツでしょ」

「SMの話はまた長くなるから別の日に話そっか。でも言っておくけど、俺たちだってSMっぽいことしてるじゃん」

「あら、わたしはそういう感覚、全然ないけど」

「俺もないけど、はたから見たらそうだってことさ」

「何がSMで何が変態とかって定義付けなんかしなくていいのにね」

「うん、愛し合ういろんな形があって楽しみ方があるってだけだな」

「要は何でもありってヤツだ」

「そんで互いにイマイチだなって感じたら脇に置いておけばいいだけさ」

「どっちがSとかMとかも関係ない」

「うん、型にはめる必要はないからね。でもわかりやくす言うと俺がオーガズムまでイっちゃう時はあきらかにVプリカがSで俺がMだ(笑)」

「はたから見たら、でしょ」

「Vプリカの言葉なぶりは天下一品だよ。でもね、そこに優しさが溢れてるっていうか、あったかいんだよ。そして止まらない手のうごきやカラダの動き。俺に絡みつく指先の強弱。太極拳ですかってぐらいなめらかで、ゆるやかでしなやかな流れ。かと思えば笑顔で背中に爪を立てる意外性。もうね、ぜ~んぶが嬉しいんだよ」

「だって、1000人斬りがもだえて喜んでくれて潤んだ瞳で『Vプリカ、俺、幸せ・・・』なんて言われたらわたしも濡れちゃうしカラダ全体が気持ちよくなっちゃうからもっと可愛がってあげたくなるんだもん」

「たぶん、そんなタイミングだと思うんだけど、俺の中にブワ~ってVプリカが入ってくるんだ。あったかくて幸せで嬉しくて、Vプリカが入ってくる感覚なのに包まれてる感じも一緒にね」

「ふ~ん、意外にわたしとあんまりかわんないんだね。でも1000人斬りはすぐ失神しちゃうから。本当はもっとその先があるんだよ」

「そっか、意識がないんだもんね。俺が何をされてて何をしてるかわかんなくても意識がある時の感覚を話したんだもんね。なんかその先がまだ怖いかも」

「1000人斬り・・・わたしがもっと愛してあげる。大丈夫、そばにいるよ」

いつの間にか二人は互いの指を絡めながら互いを見つめ合いながら話をしていた。

「1000人斬り・・・」

「ん?」

「わたし・・・濡れてきちゃた」

「俺も・・・ヤバい」

「でもダメ。もっと話しをするの」

ムラムラってくる素人のセックス体験談

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「ヨヨチューの作品に出てた女性が言ってたの、すっごくわかるんだ。彼女は自分の子宮の中に宇宙がある、みたいな言い方してたでしょ。もっと言うとね、わたしが宇宙そのものって感じ。で、一番近くにいるムラムラってくる素人もわたしそのものなの。あのね、ぜんぶ繋がっているの。でもね、ムラムラってくる素人との一体感があるから安心してその感覚を見つめることができるんだよ」

「そっかぁ。ほぼ悟りの境地じゃないか?」

「悟りがどんなものかわかんないけど、今まで絡まっていた変な執着とか不安なんかがなくなったのは確かだよ」

「それは近くで見ていてすっごく感じるよ。最近はオーガズム状態がけっこう長く続いてるような気がするけど、ムラムラってくる素人的にはそこんとこ、あまり感じてない?」

「なんかね、最近ちょっと違う感覚っていうか、気のせいかもしれないし」

「ん、どんな感じなの」

「誰かに呼ばれてるっていうか、引っ張られるっていうか。別にどこからか声が聞こえるとか、そういうんじゃないんだけどね」

「それはイヤな感じがするの?無理矢理感があるとか」

「全然。迎えられてる感じ。楽しそうなの。でもね、なんか今はまだ違うような気がしたから全部を委ねてるのかなあ。お任せしますって感じ。そこまで行かなくても幸せだし行っても幸せだし。何も変わらないんだから行ってもいいんだってわかっているんだけどね」

「やっぱオカルトだ」

「スピリチュアル!」

「あ、はい」

「そんなこと言うからもっとスゴイこと言っちゃおうか。宇宙は精神宇宙と物理宇宙があるの」

「はい?」

「えへへ。宇宙の実体というか本質は精神宇宙なんだよ。ムラムラってくる素人にもわかりやすく言うと『神様の心』ってとこかな。そこに投影されているのが私たちが現実だと信じている物理宇宙なの」

「ていうことは俺たちには今見えていないことが真実ってことか?」

「まぁムラムラってくる素人がそう理解するならそういうことね」

「ん?本当はそうじゃないのか?」

「そうじゃなくてね、それは必ずしもウソじゃないけど、必ずしも本当ではないってこと」

「さだまさしじゃん」

「あら(笑)バレた?」

「なんかさぁ、どんどんエロい話しからズレまくってるよね」

「えへ、エッチするたびにわたし、変になってくよね」

「でも『神との対話』に書かれてることがいよいよ信憑性を増してきたな」

「セックスって神様とのエネルギー交換ってことでしょ。神様かどうかはわかんないけど、でもまぁ、そういうことかな。

あ、もひとつついでに変なこと言おうか」

「ムラムラってくる素人が女神に思えてきた」

「あら、今頃気が付いたの?ではその女神の言葉を神妙に聞きなさい。いい?ムラムラってくる素人は精子でわたしは卵子なの」

「そうやって意味不明なことを言って俺を信者にする気だな。精子を出すのは俺だし」

「(笑)ムラムラってくる素人が精子なんだよ」

「ムラムラってくる素人にとって出す出さないはそんなに大事じゃないって何回も聞いたから、それを聞いてもニコニコしていられるんだよなぁ」

「それを言ったらムラムラってくる素人がイク、イカないもそんなに大事なことではないかも」

「目的じゃないんだもんね。でもなあ・・・なんかって言うとすぐにその『方法』を教えてください、的なこと言う人って多くない?」

「エッチ以外にも、でしょ。だよなあ。仮にその方法が大事だとしてもさ、自分で何とかしようって俺は思うけど。失敗したっていいじゃん。とにかくやってみようっ!って」

「失敗したら責められるからじゃないの?」

「あとは、今の時代、いろんなものが与えられてるからっていうのもあるんじゃない?」

「責任追及と飽和の図式か。飽和に関してはモノだけじゃなくサービスや情報もだね」

「あの・・・議長!エッチに関する話題はどうしたんですか?」

「いやいや、めちゃくちゃ繋がるでしょ」

「そ、そうなんですか?では続けてください」

「何か新しいことをしようとするとよく言われるらしいじゃん。何かあったら、失敗したら誰が責任を取るんだね!なんてね。要はうまく行くかどうか、結果が全ての図式だな。確かに結果優先でグイグイ進まなきゃいけない時代もあったけど、今はそうじゃない。結果を強く求めるあまり、そのプロセスや本質やマインドはどうでもよくなる。すると何かアクシデントが発生すると対処できないから不始末をごまかすっていう体質ができあがるのさ。企業にしても、政治家にしても、個人にしても同じさ。で、何かが露呈すると社会というかマスコミが一斉に袋だたきにする。

大人がやってるいじめの世界さ。これが消えない限り子供世界のいじめも永遠になくならないし被害者もまた必ず出てくる。子供社会は大人社会の反映だもの。そして皆が萎縮し本音を地下に潜らせる。

そしてそれは男女の関係にまで及ぶのさ。男性陣でちょっとでも頭のいい連中や社会システムにどっぷり浸かっている連中は思うのさ。デートもセックスも相手に責められないように、失敗しないように、ってね。そしてアダルトビデオで研究したりする。ところがアダルトビデオは単なる商品であってセックスの教科書でもなかれば愛も伝えはしないだろ」

 

 

ストリートギャルズの素人無修正アダルト動画

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「それにしても、そんなふうに考えていくとさ、今まで多くの人たちがもっていたセックスの概念って覆されちゃうね。ストリートギャルズは女性としてどう思ってる?」

「そうね、まずは国民性もあるだろうから日本人限定でね。しかもこの平成の時代でね。とにかく男性軸でしか性が語られていないっていうのが現状じゃない?どんなに女性誌がセックスの記事を載せても男性軸からそんなにズレていないような気がする。ストリートギャルズは万葉集とか伊勢物語は詳しくないんだっけ?」

「俺、古典文学はちょっと・・・」

「まぁわたしもそんなに詳しいワケじゃないけど、昔の日本人は性に関して、とってもおおらかだったのよ。万葉集なんて惚れたはれたばっかりだし、伊勢物語の主人公なんか3000人との恋遍歴を重ねているからね。少女から人妻まで多彩。それが古典文学として残ってるんだよ、日本って」

「それが日本人のそもそもだとすれば、教育勅語から変わっちまったのかもしれないな」

「変わったというよりも封じ込められたって感じじゃない?」

「そうだな。そして戦争体験というよりも敗戦がさらにそれを加速した」

「歴史認識の話じゃなくてさぁ(笑)」

「そうでした(笑)さらに赤線が廃止されて性が地下に潜ってしまって歪みが生じた」

「今度は社会学的アプローチ?」

「あちゃ~、大学で社会学専攻だったから知性が出ちゃうんだなぁ」

「中退したくせに」

「おう、発展的中退だったけどな」

「では社会学学士様はこの男性軸の性認識が定着してしまった背景をどう捉えるのでしょうか」

「初心者のストリートギャルズにもわかるように一言で言うと『結果至上主義』が大きな意味を持つ」

「わかりません」

「じゃ最近の話題を例に出してみようか。これも一言で言うと・・・まぁキーワードなんだけど『過剰な利益追求』ってことだ」

「セックスとどう関係するのかまったく想像つかないんだけど」

「ではストリートギャルズが思う過剰な利益追求が原因で起こった最近の出来事は?」

「バス事故、杭打ち不正、大会社の会計不正処理、食品偽装などなどだけど・・・セックスはまだ?こんな難しい話よりセックスのお話がいい」

「あれ?ストリートギャルズもよっぽど意味不明なこと言ってたけど」

「だってセックスしてて浮かんだイメージを話していたんだもん」

「そして、ストリートギャルズが卵子・・・なのか」

「ストリートギャルズが教えてくれたんだよ、カタカムナ」

「あっ!えっと・・・つまり、そういうことか。抽象化して本質を探るんだったな」

「それから相似象、だよ」

「だからね、セックスって精子と卵子が結合する時の様子を体現してる行為ってわけ」

「しかも肉体的なオーガズムはまさに人間の男女と細胞の男女が同時に結合する瞬間ってことだ。つまり、生命のはじまりがそこにあるんだ」

「そこに人間だけに与えられたであろう精神的なオーガズムが男女共に同時発生したら何が起こると思う?」

「それは・・・俺の想像の枠を越えている」

「わたしもわからないけど、たぶんね、これはわたしの妄想だけど、肉体的に同時にイクだけでも、その瞬間って二人からはとてつもない光が放たれていると思うんだ」

「光に包まれている、でもいい?」

「その両方かも」

「そこに精神的オーガズムが発生すると・・・」

「神の領域!」

二人同時に叫んだ。緊張の糸が切れたように二人は椅子の背もたれにそれぞれカラダを投げ出した。

「エッチの話題なのに俺たち、考えすぎだよな(笑)」

ストリートギャルズが冷めかけた珈琲をすすり、タバコに火を点けた。

ガチん娘と生でセックス

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「まぁいいや。この過剰な利益追求社会がまさに男性軸で構成された枠組みなんだよ。こういう社会を否定はしないよ。だって必要があってつくられてきたし、何もこれが最終形の社会じゃないと思えば、プロセスなんだなってことさ」

「で、どうセックスとつながるの?」

「ごめんごめん(笑)男たちはとにかく結果を出さなきゃいけなかった。それが確かに戦後の高度経済成長を支えたのも事実。そして男社会の枠組みがどんどん強化されていったんだと思う。いい大学に入っていい会社に入って出世競争をするというレールがドカンと敷かれたってワケさ。会社での立ち位置は本来家庭内では関係のないことだけど、収入という強力な色眼鏡が大きな影響力を家庭にも与えたんだ。

すると男たちは会社での自分がほぼ全てであり、その鎧なり背負ってる看板を脱ぐことができなくなった。自分が一人の人間として何者かどうかをどこかに追いやったってわけさ。仕事が生き甲斐っていうのも悪くはないけど、俺たち日本時はどこかでボタンを掛け違えてしまったような気がするんだ。

そんな彼らがどんなセックスをするだろうか。当初は愛情表現だったかもしれない。でも時がすぎるといつしか惰性になる。性欲があるうちはまだ射精目的も手伝ってセックスはするだろうけど、そもそもの目的が射精にあるならば奥さんの足指を舐めるとか、そんなめんどうなことはしなくなるだろ。

要するに自分が出したいと時に自分勝手にするワケさ。せいぜい昔見たアダルトビデオの真似ごとをして男をあげたいって思うぐらいかな。ところが奥さんはアダルトビデオの女優さんみたいな反応をしない。自分を責めずに奥さんに不満を抱く。

乱暴な図式だけど、こんな感じかな」

「そういうのもあって不倫に走るってわけね」

「うん。旦那も奥さんも、ね。仮にセックスレスじゃなかったとしてもマンネリって言葉で片づける。単なる刺激や快感だけのセックスならば当然マンネリにも陥るよね。人間って刺激には慣れる生き物だから」

「じゃわたしたちは大丈夫だね。確かにあのオーガズムの感覚は麻薬のようなものだけど、オーガズムが深くなればなるほどセックスに対する枯渇感はなくなってくるもの。それにわたしが欲情してくるとガチん娘がいつの間にか目をギラギラさせてるし(笑)」

「あのね、同じ言葉そのまま返すよ(笑)それにすーちゃん、最初の頃ってば俺の白髪が増えるんじゃないか!ってぐらい求めてきてたし」

「はいはい。ガチん娘がわたしのスイッチを押すからでしょ」

「じゃレスポンス良すぎだよ(笑)」

「否定しません。ガチん娘はいろんな初めてをわたしに体験させたからね。でも一番はね、エッチの時にわたしの目を真正面から見てくれた初めての男だってことかな」

「今までの男たちは見てくれなかった?」

「目をつむっているとか、カラダの部分は見てるけど、みたいな。せいぜい顔は見てくれてるのはわかるんだけど、瞳を見つめてくれた男はいなかったかな。しかもあんたは最中にああだこうだと誉めたかと思えば耳元でいやらしい言葉をささやいたり、とにかくわたしが妄想なんかする暇のないくらいしゃべるのよ。しかもいっやらしい目で見つめてくるじゃない」

「う~ん、普通かと・・・」

「いやいや、少なくとも多数派ではないな。しかも常に手はわたしのどっかを撫でているか爪を立てるか揉んでるかしてるでしょ。イヤでも思うのよ。あ、わたしは今この男とセックスをして感じているんだ。しかもこの男はわたしを大好きなんだってめっちゃ伝わるんだな、これが」

「う~ん、素晴らしい(笑)」

「まったく(`_´)、でもまぁ、そこで大きな疑問がわいちゃうわけよ。聞きにくいんだけどさ、今まで抱いた女たちとも目合いしてたの?」

「それがさぁ、逆にすーちゃんに聞きたいんだ。目合いが普通だと思ったのは同棲してた彼女がそうだったから。ところがその後の女の子たちは目を合わせない子がほとんどだったんだよ」

「いったい何人を抱いてきたんだか」

「それは・・・その、後日の尋問ってことでよろしいでしょうか」

「しょうがないなぁ(笑)で、逆に聞きたいことって?」

「目を合わせない女の子たちは何故合わせられない?」

「細かくはそれぞれ理由はあるだろうし根本的な原因もそれぞれだと思うけど、その子たちが言ってた共通すろ言葉があったでしょ」

「えっと・・・うん。『恥ずかしい』かな」

「ガチん娘にしたらなんで恥ずかしいのかわかんないでしょ。カラダは開いているしあそこは舐められてるのに、目を合わせるのは恥ずかしい」

「うん、全く世にも奇妙な物語だよ」

「そもそもその子たちはあんたとセックスしてないんだもん」

エッチな4610と生中出しセックス

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「してたけど、してないってこと?」

「たぶん彼女たちは妄想の中で創り上げた男だったり前彼だったりとしてるんだと思う」

「それは・・・相当ショッキングなことだけど、仮にそれが本当だとしたら、俺はただの代打ちじゃん」

「でもね、彼女たちはそんな意識すらないんだと思うよ。同じ女だから想像できちゃうし、わたしもそんな時期があったもの。それと、相手にもよるかな(笑)この男とだけは目を合わせたくない、とか」

「エッチな4610もいろいろしてきてるんだな」

「あ。。。いや、その、そりゃ大人ですもの」

「いいよいいよ、大丈夫(笑)じゃとりあえず好きな相手なんだけど目を合わせられないっていうのはどういうこと?それから、彼女たちは無意識のうちに前彼とのセックスを想像してるってこと?」

「その二つの質問に対する答えは同じよ。目の前の相手と向き合えていないんだと思う」

「向き合う?」

「ひどい子になるとそういう行為をしている自分に酔ってるっていうか、興奮だけしてるってパターンね。自己完結してるから相手と向き合って相手を知ろうとするベクトルがほぼ無いに等しい。誰でもいいってワケじゃないけど、居心地がよくて自分に興味を示してくれるならオッケーってわけ」

「つまり相手と向き合うっていうのは相手のことを知ろうとしたり、逆に自分のこともさらけ出せるってことだよね」

「そうそう、そこが大事なの。相手と向き合えない子は絶対に自分をさらけ出せないと思うわよ」

「ヨヨチューがよく言ってる『自分を明け渡す』ってことだね。つまり相手を知ろうとする気持ちと自分をさらけ出すっていうのはワンセットだ」

「ざっくり言うとそんな感じね。相手にこんな自分をさらけ出したらどう思われるだろうかって、不安がいっぱいなんじゃないかなぁ」

「でもそれって相手に失礼だよね。好きなんだからネガティブな思いなんか抱くワケないじゃん」

「ところがそうでもないんじゃない。過去の男との体験が軽いトラウマになってる子もいると思うんだ」

「そりゃ男どもが悪い!」

「健一はセックスのことを普通に明るく会話してくれるでしょ。しかも自分のド変態ぶりもサラっと言うじゃん。わたしに軽くあしらわれても甘えたりして自己主張するからさあ。ついつい私も誰にも言ったことのないような妄想とか願望とか言っちゃうのよね」

素人の天然むすめとセックス

有料素人系無修正動画サイト一覧はコチラ

「いや~、天然むすめのポテンシャルはまだまだだと思ってるよ。もっと引き出せると思うんだけど」

「わたしってばとんでもない淫乱娘ってわけね(笑)」

「天然むすめは俺に何を言われてもそういう受け答えするでしょ。そう言われるとポジティブに認めざるを得ないでしょ。マジでストレスフリーだよね」

「何言ってるんだか。こんなのだって健一の影響なのよ」

「そうなのか?」

「まあいいや(笑)健一ってさ、自分のこと好きでしょ」

「え?そんなの当たり前じゃん。自分のことを嫌いなヤツなんているのか?」

「まったく・・・お人好しもいいとこだよね。大半の日本人は自分のことを嫌いなんだよ」

「天然むすめは?」

「(笑)好きにきまってるでしょ」

「だよね。やっぱ自分を嫌いって想像できないんだけど」

「じゃ無理にでも想像してみて。そんな男とそんな女がセックスしたらどんな風になりそう?」

「相手の様子をうかがってばっかりで全然楽しめないね。今ここに居ないって感じがする。どう頑張ってもいいセックスにはなりそうもないな。目の前の相手と繋がっているとか一つなんだって感覚にもならないだろうね。なんたって自分が本当の自分とつながっていないんだから」

「だよね。自分の事が大好きだから相手も好きになれる。自分が自分のことを大好きだから、相手もその自分を大好きだと思って疑いもしない」

「俺じゃん」

「そうね(笑)だからどんな自分をさらけ出しても相手がそれをネガティブに受け止めるなんて考えもしないわよね」

「そうだね。でもなんで自分のことが嫌いなんだ?」

「その根っこは人それぞれだと思うけど、大まかには親子関係と学校と社会生活じゃないかな」

「じゃまるで俺が放し飼いの野生児みたいになってきたな。だってそしたら世の中でまともに生きてる人たちは自分を嫌いになる可能性ばっかりじゃん」

「でもそれは事実よ。もちろん全員がそうだとは言わないけど」

「じゃ、随分乱暴な言い方だけど、いいセックスをしている人は少数派ってことになっちゃうよ」

「だからセックスレスが話題になったり少子化なんかにも多少なりとも影響しているんじゃない?」

「そうかあ。今までの話を全部一直線に実腺で結びつけるのはどうかなと思うけど、少なからず影響を与えているのは間違いないけど・・・すごく意外だったのは、自分を好きかどうかっていうのがセックスにも影響を与えているってことかな」

「親は他んちと比べてあれこれ思う、言う。学校ではその子の特性は二の次で一斉に同じレールを走らせる。会社では仕事ができないとあれこれ言われる。行き着くとこは利益、お金でしょ。今でこそ社会は多様性を認め始めているけど、弱者を本当に守ろうとするマインドには欠けているじゃない」

「いや、なんとかしたいってマインドはあると思うよ」

「でも事実として弱っている人たちは立ち上がれている?」

「そ、そうだったな・・・」

「わたしね、女として思うことがあるの。なんて言っても結局は健一の影響が大きいんだけどさ。セックスの在り方が変わったら世の中が変わるのかもって思うんだ」

「そりゃまた大胆だな(笑)」

「世の中が変わればセックスの在り方が変わるっていう道筋もありそうだけどさ。もしかしたら同時に変わるしかないかもだし」

「じゃ、天然むすめ的にどんなふうに変わったらいいと思う?」

「それがね、あんまりうまく説明できないの(笑)」

「あはは、さすが女だな。まったく、感覚的なんだから。ここで男の俺の出番だな」

「ぅぅぅ・・・よろしく(T^T)」

「じゃ俺が素朴に思ったことを天然むすめに聞いていくからさ、話してみようか」